フラワーレメディー
トップページ > フラワーレメディー

フラワーレメディー

2014年12月02日(火)10:56 午後

 

  私がはじめにフラワーレメディと出会うきっかけは

  7年前、上海の中心部にあるお店のカルチャーで

  フラワーアレンジメントの教室を開催していた時に

  そのお店のオーナーに勧めていただいたのが

  きっかけでした。

                                                                                                     お店は日本人や欧米人駐在員にとってのお楽しみの店でした。

  パワーストーンを使った素敵なアクセサリーを売っていたり、

  世界中からオーナーと交信のあるヒーラーたちがやってきて

  ヒーリングやワークショップをよく行なっていました。

  またアロマを使ったエステやマッサージを行なったり、

  ヨガやケーキのデコレーション、フラワーアレンジメント

  のカルチャー教室も行なっていました。

 

  オーナーのリリーさんは神戸出身のスイス人と日本人の

  ハーフですが、見た目は白人で関西弁で話す気さくな

  当時50代の女性でした。

  リリーさん自身もレイキやシュケムなどのヒーリングを行う

  ヒーラーで、と言うよりは☆ 素敵な魔女という感じです!

 

  彼女は時々アレンジメントのレッスンをやっている最中に

  突然部屋に現れて 「あ~ このガーベラの色凄くいいわね!」

  とか、「ユーカリの臭いってたまらなく好き~!」等と

  言って生徒さんたちに話かけながらフレッシュな

  お花の気をもらいにきました。

  感じると同時に美しい生花が大好きな人でした。

 

  そんなリリーさんがある日レッスンが終わって片づけをしている最中に

  「シバタさんあなたお花のレッスンを長くやっているのだから、

  是非フラワーレメディーを勉強してみたら? お花の気は人の感情に

  すごい影響与えるのよ! 」 と言ってレメディーについて少し説明

  してくれました。

 

  当時私はよく上海の花市場中、色んな花材を求めて駆け回って

  いましたが、花市場に行くと何故か自分がいつも元気になれました。

 

  またお花のレッスンでも花に触れているうちに、生徒さんたちの顔色が

  明るくなって生き生きしてくるのをを見ていると、

  確かに花には何か人をポジェティブにするエネルギーがあることを

  いつも感じていました。

 

  リリーさんに聞いた”フラワーレメディ”とやらに興味を持った私は

  一時帰国で東京に滞在したついでに

  2日間で行なわれる初級の”バッチフラワーレメディー”を勉強する

  ことになりました。

 

   続く・・☆☆☆

 

 

 

 



«   |   »

アメーバ
麻矢のブログ
アメブロ 随時更新中!

過去の記事