バッチ博士の感性
トップページ > バッチ博士の感性

バッチ博士の感性

2014年12月06日(土)6:25 午後

 

 エドワード・バッチ博士はお医者様として長年患者の

 治療に携わっているうちに、・・病気は人の感情が

 作り出している・・という考えに至ったそうです。

 

 確かに日本でも「病は気から」という言葉が昔から

 伝わっています。

 

 そして植物が人のその”感情”に影響を与えたり

 改善するのに役に立つということから、研究のための

 コテージにこもって野山を駆け巡り、人の複雑な感情に

 効果のある植物を採集しながら研究を進めていったそうです。

 

 人の感情 ⇔ 植物の効果というこの 相互関係は

 バッチ博士の経験が生み出した ”気づき” ですね!

 気づき=感性 だと私は思うのですが、 この一見何の

 根拠もなさそうなことが実は結果的に世界各地で

 共通することだったりするのが不思議です。

 

 中国の漢方薬(薬草)、ハーブ、インドの

 アーユルベーダ、またフラワーレメディー自体も

 イギリスに限らず、オーストラリア、ハワイ、

 アメリカと 各地で伝わって

 いたりするし・・?

 決して科学的ではないけれど、各地の自然と人

 とが係わって起こってきていることに、

 何か大きな見えないパワーがそこには

 働いているのではないかしら?

 と感じてしまいます。

 

 私がフラワーアレンジメントのレッスンの度に

 花とか関わったて感じていたことも、

 花という自然の産物が、何気に私にも教えて

 くれていたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 



«   |   »

アメーバ
麻矢のブログ
アメブロ 随時更新中!

過去の記事